無利息キャッシングの貸金業者側のメリット

無利息でのキャッシングは、お金を借りる側にとって魅力的なサービスです。「ポイントサービス加入で30日間無利息」とするプロミス無利息を筆頭に、「全額返済後は何度でも無利息」「契約額が1万円~200万円の場合、初めての借り入れ額の5万円までを180日間無利息」など、貸金業者によっていろいろなパターンがあります。

 

利息を加算しないキャッシングは、一見すると貸金業者が損をするように思えます。ところが実際は、貸金業者側にもそれなりのメリットが存在します。まず、無利息サービスを前面に押し出すことで宣伝や集客の効果が見込めます。ネット広告やテレビCMなどで無利息サービスが浸透すれば、多くの利用者を引きつけることが可能なのです。

 

また、申し込みを促進する効果も期待できます。キャッシングの利用を検討している人は、日々加算される利息の負担を軽減したいと考えるものです。「無利息期間があるならお得だ」との判断は、申し込みに際して大きなポイントとなります。同業他社との違いを明確にできる利点もあり、新規利用者の獲得も容易になるのです。

 

無利息サービスは、リピーターを増やすきっかけともなります。キャッシングの申し込みや審査はスピーディーに行われますが、複数の貸金業者と同様のやり取りをするのは面倒だと感じる人も多いのです。

 

無利息サービスをきっかけに契約をすれば、その貸金業者をずっと利用し続ける確率が高まります。このように、無利息キャッシングは借り手だけでなく貸し手にもメリットがあるのです。

 

双方にメリットのある無利息キャッシングは、プロミスが以前より行っていることで有名です。利用のための条件はありますが、特に面倒な手間のかかるものはありませんので、プロミスで借りる際には利用をしておきたいものです。

 

ネットでの申し込みでも契約機を使う手続きでも、どちらでも決められた条件を満たせば無利息キャッシングの利用が出来ますので、愛知県内で契約機を使ってプロミス名古屋の契約を行うとしても、無利息サービスは使えるようにしておくと良いでしょう。

 

キャッシングできる人とできない人

キャッシングは借金ですから、当然借金を出来る人と出来ない人に分かれます。キャッシングができる人とできない人の差はどこにあるのでしょうか。

 

まず出来る人ですが、キャッシングができる人は、基本的には仕事があり、収入がある人です。これが大前提となります。仕事と言うのは正社員であることが望ましいですが、正社員でなくても派遣社員、契約社員、パート、アルバイトでもキャッシング業者によっては可能なので、基本的に何かしらの仕事についてればキャッシングできると思って良いでしょう。

 

次に収入ですが、これは仕事をして給料をもらっていれば当然収入があるのでクリアーできます。また自営業や自由業のように収入があれば収入証明書を提出しなければいけない可能性もありますが、キャッシングができます。また主婦のように配偶者に収入があれば、収入があると認められてキャッシングをすることができます。

 

次にキャッシングができない人ですが、できない人は前項の逆の人です。仕事がなくて収入がない人となります。加えて過去に支払の延滞があったり、支払事故があった人はキャッシングをできない可能性が高くなります。また現在借り過ぎている人もできない可能性が高くなります。

 

評判が良い消費者金融

消費者金融とは、民間の金融機関が個人へ小口融資(キャッシング)のサービスを提供している会社で、過去にはサラリーマン金融(サラ金)と呼ばれていました。

 

昔のサラ金は非常に利息が高い場合が多く、返済を延滞すると取立てが厳しいことが通説になっていたようですが、2010年に貸金業法と呼ばれる法律が定められ、利息の上限は20パーセント以下に決められています。また、家に訪問しての取立ても禁止されていて、違反した金融機関は営業ができなくなるほどの厳しい処分が下されます。

 

この法律によってサラ金は利用しやすくなり、現在では利用者がかなり多くテレビでも頻繁にCMが放映されるようになりました。しかし、お金を借りると言う行為は今も昔も同じで、利用した場合は必ず利息をつけて返済する義務があります。

 

消費者金融を利用する場合は、まず窓口などで審査を受けます。審査は返済できる経済力があるかどうかを調べることで、定職についているサラリーマンであればまず問題はありません。

 

借り入れや返済はコンビニなどに設置してあるATMからでも24時間利用することができるので、かなり便利になっています。また、最近ではインターネットで借り入れができる金融会社もあります。消費者金融だけでなく銀行からの借り入れも便利になっているので、来店不要で契約まで行えるオリックス銀行のカードローンで借りるといった情報も確認をしておくと役立ちます。