商品購入がメインのカード

クレジットカードは商品を購入するときの決済手段です。通常は現金を支払って商品を購入しますが、クレジットカードがあれば、カードを提示することで現金を出さずに会計を済ませられます。

 

分かりやすく言えば、購入代金を一時的にカード会社に負担してもらい、利用した額を一か月分まとめて翌月に請求されるというシステムです。口座引き落としによる請求が一般的で、利用額が少なければ一括で引き落としてもらい、利用額が大きければ分割やリボ払いで複数回に分けて引きとしてもらうこともできます。

 

ただ、クレジットカードは決済だけではなく、カードを用いてお金を借りることもできるのです。決済に利用する機能をショッピング機能といいますが、これに対して借り入れに利用できる機能をキャッシング機能といいます。このキャッシング機能が付帯しているカードならば、ATMから現金をそのまま引き出して借りることができます。

 

ならば、お金を借りて商品を購入しようと考える方もいますが、ショッピング機能とキャッシング機能では金利が変わるため、カード決済できない商品の購入の際に借り入れをして支払うのは構いませんが、カード決済に対応しているのならショッピング機能を使った方が得です。借り入れは、生活費や交際費など決済外に利用するものです。