ヤミ金には十分に注意する

キャッシングやカードローンは便利な存在ですが、悪徳業者には気をつけねばなりません。最近の悪徳業者は、ソフトヤミ金とも呼ばれ、巧妙になっています。もしも悪徳業者かもしれないと思ったら、どのような対処をすればよいのでしょうか。

 

キャッシングを受けている業者が悪徳業者の場合、すぐに警察や日本賃金業協会の相談窓口に、連絡しましょう。さらに、各自治体の消費生活センターや紛争解決センター、弁護士会などでもよいです。ひとりで悩まずに、専門部署に相談することが大切です。

 

最近のキャッシングのヤミ金は、極端な高利貸しをしなくなりました。さすがに通常の何十倍や何百倍もの高金利融資なら、すぐに悪徳キャッシング業者と気付くハズです。最近は、電話でも丁寧で、礼儀正しくしているので悪徳だと気付かれないケースも多いのです。

 

ただ、少しでも支払いが遅れると、豹変して脅迫まがいの脅しをかけられ、ヤミ金だと発覚する場合も多いので気を付けましょう。少しでも悪質業者ではないかと疑いを持ったら、上記の窓口に相談するとともに、貸金業登録されているか調べましょう。金融庁のHPで調べられます。また悪徳業者だとわかったら、連絡が来ても対応しないで無視しましょう。